2024年5月
SunMonTueWedThuFriSat
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
んで、どこ行く、春休み?
旅達(たびだち)会員限定ツアー【海外】

5/01  よし、よし

6:48PM いつも通り、NHKマイルCでもやっぱり、好走している馬はほとんどが前走も4着以上に走っているね。前走5着以下に負けながら、本番のNHKマイルで巻き返した馬は過去10年で8頭。

この8頭も、ほとんどが2走前では3着以内に好走していた。ひとたび連続凡走にはまってしまうと、そこから巻き返して好走するのは簡単ではないからな。2走前も凡走していた2頭は、2015年の勝ち馬クラリティスカイと、2014年の3着馬キングズオブザサンだった。

そしてこの2頭に共通するのは、NHKマイルの直近2走が、弥生賞から皐月賞と、全く同じレースを使っていた点だ。さらに奇遇なことに、2頭は弥生賞ね前のレース、つまり3走前を共に好走していたの。具体的には、クラリティスカイが朝日杯FSで3着、キングズオブザサンは京成杯で2着だった。

よし、よし。ということは、直近3走で1度も3着以内に絡んでない馬を消すことから始めればいいかしら。

おわり

あおむし

5/02  1頭しか

7:46PM 直近3走で1度も3着以内に絡んでいない馬を消そうと思ったら、1頭しか消せなかったやないかーい。

気を取り直して、どのステップから好走馬が出ているのか見て行こう。

過去10年で好走例が多かったステップがアーリントンカップとニュージーランド・トロフィーで、共に6頭がNHKマイルCで馬券に絡んでいる。両方ともマイル戦なので、惨敗こいて来るよりかは3着以内に好走して出て来る方がよき。各ステップで4着以下に負けていながら、本番のNHKで巻き返した馬も、2走前では勝っていた。

桜花賞をステップにした馬たちは、桜花賞で連対などして頑張り過ぎていない方が成績がいいのね。唯一の例外はレシステンシア様で、桜花賞が2着。んまあ、でも、阪神JFの勝ち馬だからね。桜花賞で4、5着に軽く負けている馬なら、2走前クイーンCで連対している方がよさそうよ。

おわり

あおむし

5/04  衝撃が

8:37PM 昨日はサボっちゃって、ごみんなさい。破滅的に悲しい現実と向き合わなければならなかったもんだから。あまりにもその衝撃が大きすぎて、何をやっても集中できん。

ちょっと手抜きをして、どうにかNHKマイルの候補を6頭(2、3頭増減するかもだが)まで絞ったんだけれども、今はそれが精一杯な感じよ。

生き残っている候補6頭は、ノーブルロジャー、ディスペランツァ、ボンドガール、ゴンバデカーブース、アスコリピチェーノとジャンタルマンタル。今の時点ではアスコリピチェーノを軸にしようかと思っているよ。

おわり

あおむし

5/05  色んなことがあり過ぎ

8:12PM 大ハズレだったし、何も言うことはございません。

結局アスコリピチェーノを軸にしたのにも関わらず、ジャンタルマンタルの1着は想定していなかったし。ロジリオンに至っては、早い段階で消しちゃってたし。

ちょっと自分をリセットできないか、やってみるわ。この所色んなことがあり過ぎて、いっぱいいっぱいだったから。

おわり

あおむし

5/06  世界は止まらず

7:34PM リセットしたくても、世界は止まらず回り続けるし、明日も変わらずやって来る。明日は出かけにゃならんし、そのために準備もせにゃならん。

NHKマイルの3連単を当てたN島オヤジは、今週のヴィクトリアMはマスクドディーヴァ頭で勝負、とか言ってたが、なんかシックリ来ないのよね。阪神牝馬SとヴィクトリアM、両方勝った馬なんかいたかな?って。ちょっと記憶に無いのよ。ヴィクトリアが2、3着だった馬はいたと思うんだけれども。

明日、過去のメモを漁ってみようと思う。

おわり

あおむし

5/07  恐れていた通り

7:14PM いつもより早起きしたから、とても疲れて眠い。んでも、過去のヴィクトリアMの結果は確認したよ。

恐れていた通り、過去10年で阪神牝馬SとヴィクトリアMの両方を勝った馬はいなかったの。阪神牝馬S勝ち馬の最高着順は、2020年のヴィクトリアMで2着だったサウンドキアラの1頭のみ。

さらに己に鞭打って、過去のヴィクトリアMのメモを漁ってみたよ。そしたら阪神牝馬Sの1着馬について、ほんのひとこと短い記述を発見。それによると、サンデーサイレンス産駒以外の阪神牝馬S勝ち馬は軽視してOKとのこと。サンデーの直系なんて、もはや存在しない。となると、マスクトディーヴァさんは無視していいのかしら?

おわり

あおむし

5/08  上手く行きますように

7:53PM 蓋を開けてみれば、今年のヴィクトリアMはフルゲートになりそうにない、っていう。さっき出走登録を確認したんだけれども、登録されてたのは15頭だけだった。まあ、別段かまわんのだが。それでも頭数が多ければ多い程、配当が付く可能性は全般的に高くなりがちなんでね。

一方でまた別なメモを過去の安田記念のファイルから発掘。これは、もしかしたら役に立つかもしれん。ヴィクトリアMは安田記念より2週間早く開催されるから、状況は少し異なるかも知れないが、同じコースの同じ距離で走るレースではある。システムを流用できる可能性もありそうだな。

上手く行くことを祈るとしよう!

おわり

あおむし

5/09  もうひとつヒント

8:51PM 過去の結果から、もうひとつヒントを。

いつも言うんだけれども、距離が短いレースだから直近2走を両方とも凡走してるっていうのは、あまりよろしくない。過去10年で3着以内に好走した馬の中で、ヴィクトリアMの直近2走を両方とも4着以下に凡走した馬は8頭いた。が、この8頭中6頭は、それまでに前年のヴィクトリアMを含めたG1で3着以内の好走経験があった。つまり他の馬より、能力も適性も高かったわけだ。

残りの2頭は、ミナレットとデンコウアンジュ。いずれも過去にG1実績のなかった2頭だ。共通しているのは、前走が福島牝馬Sだったことと、福島牝馬では2頭とも掲示板に載っていたことくらいかな。

おわり

あおむし

5/10  驚くほど勘が鋭い

8:38PM 今週はN島オヤジから、いつもの枠順発表の結果を催促するメッセージが入電。先週はこちら側の状況を察して何も言って来なかったのかな?あのオッサン、時々驚くほど勘が鋭い時があるからな。

枠番、馬番馬名
1枠1番ライラック
1枠2番フィアスプライド
2枠3番スタニングローズ
3枠4番コンクシェル
3枠5番ウンブライル
4枠6番マスクトディーヴァ
4枠7番ハーパー
5枠8番サウンドビバーチェ
5枠9番テンハッピーローズ
6枠10番ナミュール
6枠11番ルージュリナージュ
7枠12番キタウイング
7枠13番モリアーナ
8枠14番フィールシンパシー
8枠15番ドゥアイズ

このメンバーならペースはそんなに速くなりそうにない。となるとマスクトディーヴァ向きのペースになる可能性もある。だからって勝つかっていうと、話はまた別だけれども。

おわり

あおむし

5/11  単刀直入

8:58PM もう疲れて眠くて擦り切れそうだから、単刀直入に行こう。

今の段階でリストに生き残っている馬は、フィアスプライド、ウンブライル、マスクトディーヴァ、テンハッピーローズとナミュール。テンハッピーローズは何で残したのかな?忘れた。これにドゥアイズを加えるかも?

マスクトディーヴァとナミュール、どっちを軸にするかはまだ決めていない。ただ、馬場状態を鑑みると、ある程度前で競馬できる方が有利かなあ?とも思うの。まあ、もういっぺん本日のレース結果を見に行ってみるよ。

おわり

あおむし

5/12  論理的思考

7:44PM 昨日書いた予想を参考にして馬券を買ったオトモダチは、誰かいるかなあ?もしあんな高配当を当ててくれた人がいるのなら、それだけで嬉しいし、せめてもの慰めになるからサ。

おばかさんなワイはナミュール1着、テンハッピーローズ2着の馬単を買うてましたわ。マスクトディーヴァは3連単の1列目と2列目にはおんのに、3列目にはおりませんでしたわ。昨日、(高速馬場だから)ある程度前の位置に付けて行ける馬の方がいいだろうって言ってたんだから、何で素直にマスクトディーヴァから3連複を買えなかったかなあ?

もうだいぶ前から分かってたことだけれども、論理的思考ができないのね。けど、論理的思考法を身につけるには、相当な時間が掛かるのは明らかよね。それだったら、もういっそのこと次回はAIに助けてもらおうかしら?

おわり

あおむし

5/13  桜花賞組が有利

8:08PM さて今週は早くもオークス。例年通りなら、やっぱり桜花賞組が有利になる。G1を走った経験は、この時期の若駒の成長にも、次のレースの結果にも影響を及ぼすからな。

その桜花賞組から、東京2400mへの条件変更が有利になる馬を、いかにして見つけ出すかがカギになるわけだが、現状ステレンボッシュの牙城は揺るがないんぢゃないかと思うの。あとは桜花賞は訳あって負けたけど、条件変更がプラスに働く馬がいないかの確認作業になる。

別路線から出走して来る馬は、桜花賞を経験していない時点でトップクラスとしての評価はし辛くなる。また、これまでの出走歴によっては、疲労やストレスで好走が難しい場合も少なくない。高いポテンシャルがあって、疲労やストレスなどのダメージが無く、さらに条件代わりがプラスになる馬にだけ、オークス好走のチャンスは訪れると思っているのよね。

おわり

あおむし

5/14  分かり易い基準

8:35PM 過去10年のオークスの結果を見てもらえば分かると思うのだけれども、前走が桜花賞だった馬たちの好走率が高いのが一目瞭然なのね。毎年、少なくとも1頭は桜花賞組が3着以内に絡んでるのよ、例外なく。2014年、2018年と2023年に至っては、前走で桜花賞に出ていた馬が1〜3着までを独占状態なの。

問題は、んぢゃあ、桜花賞組の中から、どの馬が「買い」でどの馬が「消し」なのか、ってことよ。んまあ、これに関しては自分なりの分かり易い基準があるんだけどね。桜花賞組の馬でも、それまでの短い戦歴の中で、スローペースの方がパフォーマンスが良かった馬は「買い」。そうでなければ「買わない」って、自分の中では決めているの。

おわり

あおむし

5/15  月並みで

7:53PM んぢゃあ、現時点で今年のオークスに出走登録している桜花賞組を見てみるとしようか。クイーンズウォーク、スウィープフィート、ステレンボッシュ、チェルヴィニアとライトバックの名前があるね。6頭全てについて、スローペースになった方がパフォーマンスが上がるか確認してみたよ。

結論から言うと、ペースが(前走より)緩くなった場合に着順を上げる、もしくはキープできそうな馬は2頭だけだった。それがステレンボッシュとライトバック。アスコリピチェーノがオークスではなくNHKマイルを選んでしまったから、たぶん人気になるだろうし月並みで申し訳ないけれども、仕方ない。

ショウナンマヌエラとスウィープフィートは、もっと上がりがかかるようなタフなレースの方が向きそう。クイーンズウォークとチェルヴィニアに関しては、2着や3着に滑り込む可能性はあるかもだが、アタマは無いんぢゃないのかな?というのが個人的見解。

おわり

あおむし

5/16  いや、待て

8:39PM クラシック2冠目だから枠順抽選は今日。んで、午後には枠順確定して発表になったよ。

枠番、馬番馬名
1枠1番ミアネーロ
1枠2番クイーンズウォーク
2枠3番エセルフリーダ
2枠4番パレハ
3枠5番コガネノソラ
3枠6番サンセットビュー
4枠7番ステレンボッシュ
4枠8番ホーエリート
5枠9番ラヴァンダ
5枠10番アドマイヤベル
6枠11番ヴィントシュティレ
6枠12番チェルヴィニア
7枠13番スウィープフィート
7枠14番ライトバック
7枠15番サフィラ
8枠16番ショウナンマヌエラ
8枠17番タガノエルピーダ
8枠18番ランスオブクイーン

サフィラが内枠を引くことを願ってたんだけれども、そうはならんかった。いや、待て。パレハとショウナンマヌエラが内と外で離れたなあ。ということは、少しはペースが上がる可能性もあるのか?過去に厳しいペースで走ったオークスがあったかどうか、確認してみようっと。

おわり

あおむし

5/17  ちょい検索

7:59PM ちょい検索してみたら、長距離戦にも関わらず、オークスが実際にハイペースになった年が、ほんの数年だが、あったことが発覚した。

2006年にカワカミプリンセスが勝った時は、前半1000mが58秒1での通貨だった。これは、覚えていたよ。他にもハイペースの例はあったんだけれども、みんな2003年以前のレースだったから、今は割愛させてもらうよ。

今年は厳しいペースになりそうなのかどうか定かでは無いが、ただ可能性がある以上、気には留めておいた方がいいかしら?おっと、もう行かないと。明日は長い1日になりそうだからな。

おわり

あおむし

5/18  寝落ちしそう

8:35PM 4時間半ほどの睡眠で朝起きなければならず、その後片道50分を徒歩で往復し、さらに通常通り仕事したの。もうマトモな判断が出来る状態ぢゃないと思うけれど、どうか分かってね。

今の段階で、どうにか候補を6頭まで絞り込んだ。いちばん楽な結論だから、ステレンボッシュを軸に出来るといいんだけど。週の前半でも言ったが、桜花賞組を重く見ているの。ただ、頭の中でさっきから警告灯がチコチコ光ってるのよ、コガネノソラとタガノエルピーダには気を付けろーって。何でかは、分からん。

そんで、とりあえず生き残っている馬たちが、コガネノソラ、ステレンボッシュ、アドマイヤベル、チェルヴィニア、ライトバックとタガノエルピーダ。脳資源枯渇して、もう寝落ちしそうよ。

おわり

あおむし

5/19  トントン

6:48PM 今年のオークスは、2、1、3番人気が上位を独占するっていう、無風決着。つまらん結果に終わってしまった。

前半、ショウナンマヌエラとヴィントシュティレが離して逃げたから、一見ハイペースになったかのように見えたかも知れないが、実際のハロン通過タイムを見るとそうでもなく、特に今の硬い高速馬場を考えれば、ペース自体は大してキツくなかったことになる。もし本当に厳しいペースになっていたなら、ミアネーロとかタガノエルピーダみたいな馬が、こんなに下位に沈むはずは無いからな。それに、人気馬は逃げ馬2頭を追わず、後ろで落ち着いてジッと我慢の子してたし。

ワイの第一希望は、ライトバック1着、チェルヴィニア2着の馬単だったから、願いは叶わなかった。んが、大した額ではないにせよ、3連複が当たってくれたので、んまあ、トントンかな。

おわり

あおむし

5/20  オークスのあと

5:45PM オークスのあとにはダービーが来る。それが自然の摂理ってもんよ。そしてオークスでそうだったのと同じように、ダービーでもやはり前走が皐月賞だった馬の好走率が圧倒的に高い。少なくとも過去10年では、圧倒的よ。

前にも言った通り、まだ馬が若いこの時期に、G1を走るという経験はとても重要なのよ。過去10年で3着以内に好走した馬、全30頭のうち、実に23頭もの馬が皐月賞組だよ、おい。加えて、ダービーの上位3頭のうち、1頭しか皐月賞組が絡まなかった年は一度も無く、10年連続で皐月賞組が3頭中2頭絡む結果となっている。さらに、さらに、皐月賞組がダービーを勝たなかった年は、10年でたったの2回しかなく、それが2019年にロジャーバローズが勝った時と、2021年にシャフリヤールがエフフォーリアをハナ負かした時の、2回だけだ。

もうこうなると、前走皐月賞を走った馬たちから見て行かざるを得ないよな。

おわり

あおむし

5/21  重要なポイント

2:48PM そうなると、ダービーを当てられるかどうかの重要なポイントは、皐月賞組から馬券に絡みそうな馬をちゃんと拾えるかどうか、ってことになりそうね。そして、皐月賞よりパフォーマンスを上げられそうな馬が少なかった場合に、それ以外のトライアル組に候補を探しに行く、と。

さっそく(過去10年の)皐月賞組を見ているが、皐月賞で3着以内なら軸として狙いが立ちそうだな。もちろん、ダメージが無いことが前提だけれども。皐月賞で4着以下に凡走した馬については、2走前に連対していた馬しか過去10年に好走例は無いの。

もうひとつ頭に入れて置きたいのは、中山で走った皐月賞の凡走からパフォーマンスを上げようって馬は、やっぱり東京の芝適性が高いに越したことは無いってことだね。

おわり

あおむし

5/22  手間も時間もかかるやつ

3:37PM では、では。皐月賞組の予習をもとに、ダービーの登録馬を見てみよう。まずは、皐月賞を凡走した馬から。

ギャアアア!4着以下に負けたヤツら、全馬条件をクリアしてしまうやないかーい!これは1頭ずつ戦歴を細かく見て行かないといけないやつダ。結構手間も時間もかかるんだよなあ。さて、気を取り直して皐月賞トップ3を見よう。実はジャンタルマンタルに期待してたんだけれども、彼奴め、方針転換してNHKマイルを勝っちゃったからな。残りの2頭で何とかするしかないな。

ジャスティンミラノは意外と危険な臭いがするゾ。眠たくなるようなどウローの共同通信杯を勝った後にハイペースの皐月賞を勝つっていうのは、そういう条件が合う馬って可能性があるよね。そういう条件は、ダービーのプロファイルとはちょっと、いや大分違う。せめてもの慰めは、疲労がそれほど多くはないってこと位かしら。コスモキュランダに至っては、更に危険よ。父アルアインの例を引くまでもなかろう。

おわり

あおむし

5/23  そら、そうだ。

8:29PM 家事に追われている間に、とうにダービーの枠順が確定して、発表になっていた。そら、そうだ。木曜だものな。

枠番、馬番馬名
1枠1番サンライズアース
1枠2番レガレイラ
2枠3番ジューンテイク
2枠4番ビザンチンドリーム
3枠5番ダノンデサイル
3枠6番コスモキュランダ
4枠7番ミスタージーティー
4枠8番アーバンシック
5枠9番ダノンエアズロック
5枠10番サンライズジパング
6枠11番シュガークン
6枠12番シックスペンス
7枠13番シンエンペラー
7枠14番ゴンバデカーブース
7枠15番ジャスティンミラノ
8枠16番メイショウタバル
8枠17番ショウナンラプンタ
8枠18番エコロヴァルツ

レガレイラ(とルメール)がラッキー枠を引いたのは、正直ちょっと惹かれる。メイショウタバルは、逃げようが逃げまいが厳しいだろうな。外枠も割引だし。外枠が良くないって意味では、エコロヴァルツも同じかな。

おわり

あおむし

5/24  全く別のハナシ

8:59PM 本日も丸々1日家事に専念。週末はN島オヤジが来るんで、買い物に始まり、掃除、いやお清めに終わる。しばらく掃除して無かったからな。入念な清掃をしなければならんかったわ。

やっと今、パソコンの前に座ったら、Chromeのアップデートで待たされるの。今かいな、今ぢゃなきゃダメなんかい?1分も無駄にしたくない時に限ってコレだもの。ダービーの準備が殆ど出来てないのに?準備出来ていないの、何故かレガレイラが勝つ気がしないのよ、2着とか3着はあっても。ラッキー枠(とルメール)のアドバンテージがあるにも関わらず。何となくなんだけども。

んで、出馬表を表示して見ればアンタ、メイショウタバルが出走取消になっとるやないの。そうなると、全く別のハナシになっちゃうんだけどなあ。

おわり

あおむし

デル株式会社