2022年8月
SunMonTueWedThuFriSat
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
んで、どこ行く、春休み?
旅達(たびだち)会員限定ツアー【海外】

8/01  もしかしたら今年は

4:50PM レース後の騎手コメントを読んだけれど、武くんはウォーターナビレラについて、どこも悪い所は無かったような事を言っていたね。

個人的にはナビレラさんの惨敗は、単に距離が長かったとかぢゃないと思うのよね。もし距離が長いと思っていたら、調教師(幸四郎)もクイーンS、ましてやオークスになんて出していないだろうし。んまあ、敗因はまだ特定できそうにないな。

さて過去はサラッと流して、今週はエルムSを予想しようと思う。ご存じの通りダートは苦手。んでも、おいらには去年のメモがある。頼りにしてるゾ、去年のおいら。今年はきっと救ってくれるはず。開幕から今までの間に、夏競馬のことも少しお勉強できたし。それをメモにプラスしたら、もしかしたら今年はイケるかも。

おわり

あおむし

8/02  リピーター歓迎

1:56PM 去年のエルムSのメモを見ると、「外から上手くポジションを取れる先行馬または、一気に先手を奪える逃げ馬の好走が多い」とある。これは2角から下りに入る辺りでポジション争いが激化するせいで、内枠の先行馬が潰れやすいからなのね。

去年はこの発想にとらわれ過ぎて、スワーヴアラミスを軽視してしまった。結局ペースが上がって、スワーヴアラミスは揉まれずに競馬できてしまったんだな。エルムSの過去10年の結果を見ると、このレースは殆どフルゲートの多頭数になる事が無いにもかかわらず、ハイペースになる事が多いのが分かるよね。それもコース形態のお陰かな。

もしかしたら、そういう独特なレース設定のせいなのかエルムSはリピーター歓迎レースとなっている。今年はロードブレスが出走しないから、スワーヴアラミスかオメガレインボーのどちらかにチャンスがあるかも知れないね。

おわり

あおむし

8/03  揃って沈む可能性

2:32PM いくらエルムSがリピーター歓迎のレースとは言え、スアーヴアラミスとオメガレインボーが揃って着外に沈む可能性だってあるんだよな。

いま予想単勝オッズで1番人気に推されているオメガレインボーは、前走のマリーンSで4着に敗れている。今週、馬券圏内まで巻き返すためには、少なくとも去年と同じ程度の条件が揃う必要がある。すなわち、ハイペースや外目の枠なんかだ。

一方でスワーヴアラミスはと言うと、もっと厳しい。確かに前走の帝王賞はマリーンSに比べたらメンバーが強かったかも知れないけれど、勝ち馬から2.7秒も付けられた着差は、たった5週間でそう簡単に巻き返せるものぢゃないんぢゃないか。もしこの2頭の内どちらかを選ぶとするなら、オメガレインボーを選びたくなっちゃうなあ。

おわり

あおむし

8/04  少々の雨

3:56PM エルムSの登録が締め切られて、今年は去年と同じく14頭立てという事になった。もしスワーヴアラミスやオメガレインボーが去年と同じ枠なんか引くようなら、それがプラス材料になるかも知れないな。

んだがシカシ。スワーヴアラミスが去年勝った時に背負っていた斤量は56s。ことしより2キロ軽いのよね。それに去年はマリーンSに続いての連勝。コンディションも良かったんぢゃないかしら。一方今年はと言うと、1月の東海S以来3着以内に絡んでいないし勝ってもいない。

今年の夏競馬を負け続ける中で、1つ気付いた事がある。それは、どうも重賞などで好走歴のある実績馬より、近走調子のいい馬の方が好走しているようだ、という点だ。重賞で好走した経験のある馬って、記憶にも残り易いし(覚えているから)とかく人気になり易い。けど、いざ走ってみるとアラアラだったりするの。頑張っているのは、近走の不振に(展開が向かなかったとか、馬場が合わなかったとか)敗因がハッキリある実績馬だけに思えるのよね。そういう馬が、得意なコースとか枠とかペース(展開)とか馬場状態に恵まれた時だけ結果を出す、みたいな。

それを踏まえて、スアーヴアラミスには少々の雨が味方になるかも知れないね。

おわり

あおむし

8/05  鋼のメンタル

6:49PM エルムSの枠順が確定したけれども、この並びだとハイペースになるか平均なのか、ちょっと判断に困るん。んまあ総合的に判断して、ハイペースになる可能性の方が高いかな。

過去10年の結果から、逃げ馬の心配はしなくて良さそうだ。て言うのも、逃げ馬が好走しているのはエルムSが少頭数だったか、稍重以上に馬場が渋った時だけだからね。今週末の札幌の天気予報では雨の兆候は無さそうだから、逃げ馬が複勝圏に走る心配はしなくてもいいか、と。

逃げ馬が買い目対象から外れるとなると中心になるのは、外から捲れる馬と激しいポジション争いを生き残れる鋼のメンタルを持った内枠の馬、と言う事になるな。んでも、そうすると、またしてもAかBかの選択を迫られるハメになるのよね、オメガレインボーなのかスワーヴアラミスなのかっていう。

おわり

あおむし

8/06  涙、涙

6:42PM 散歩に行きたかったのに、もうすっかり暗くなってるや。出来る限り予想を急いだんだけれど、間に合わなかった。涙、涙。

いろいろ考えたが、軸はオメガレインボーにしたよ。スアーヴアラミスとの選択なら、やっぱりオメガレインボーの方が好走するんぢゃないかと思って。内枠っていうのが少し引っかかるけれども、中団に控えることが出来る馬だから、やってみたら返って良かったなんてコトもあるかも知れない。

マリーンSの1、2着馬についてだが、牝馬にはちょっと厳しいレースになるんぢゃないかと考えてウェルドーンは外すことにした。それからロードエクレールも、少頭数ぢゃないから今回はお休みしてもらった。という訳で最後に残った相手はブラッティーキッド、ヒストリーメイカー、フルデプスリーダー、ブラックアーメットとロードレガリス。

おわり

あおむし

8/07  ミスチョイス

4:23PM ぎゃあ!惜しいぢゃないの!実はオメガレインボーとスワーヴアラミス、どっちにしようかの悩ましい争いの陰で、フルデプスリーダーとウェルドーンどっちにしようか争いも起きていたのよ。

マリーンSの連対馬からどっちかを選ばないと、と何故だか思い込んでいたんだ。実際には去年みたいに、マリーンSの1、2着馬が揃って絡む時もあったのにね。ミスチョイスをした上に、判断ミスもしたっていう(んまあ、判断ミスったからミスチョイスした訳なんだけども)。

ただ、今年はそういう年だよって、2頭ともヒモに入れて置かなきゃダメなとしだよって、出来れば早く言って欲しかったなあ。

おわり

あおむし

8/08  選ぶも何も無い

5:06PM 今週はミスチョイスしないように気を付けようって思ったら、新潟の関谷記念と去年当たっちゃった小倉記念とでは、選ぶも何も無いな。

小倉記念は例年、割と少頭数で開催されている。幾つかの例外を除いては。去年はその少頭数に稍重の馬場、アールスターの当日除外が3連複の当たりを振り込んでくれたっけ。

今日の所は20頭が出走登録しているみたいだが、んまあレース当日までにいつもの10頭とか12頭位まで減るかも知れないし、減らないかも知れない。んでも、もし多頭数になるようなら、タガノディアマンテとか、ヒュミドールとかダブルシャープとか、もしかしたらカデナみたいな穴馬にだってチャンスが巡って来るかも知れない。

おわり

あおむし

8/09  小倉の芝2000m

2:38PM 考えてみたら、新潟は雨で重馬場になるんぢゃないか?そしたらもしかして、関谷記念は前残って終わるんぢゃないのか。

と、よからぬ考えを起こして週間予報をチェックしてみたものの、(週末の)馬場状態まで確定できなかった。当たり前だ、何ておバカさんな。つまらん考えは捨てて、小倉記念に集中するように自分に言い聞かせて見る。ああ、でも札幌ダート1700mで気付いた事があって、土曜日のレースでちょっと試してみたいのよね。

いかん、いかん。話を戻して。基本的には小倉の芝2000mで良績のある馬を中心に予想を組み立てようと思うの。去年はそれで当たったし、今年も助けになるハズ。今年の出走登録馬の中では、アーデントリー、ウインリブルマン、カデナ、シフルマン、スーパーフェザー、タガノパッション、ダブルシャープ、ヒュミドール、ヒンドゥタイムズ、マリアエレーナ、ムジカとモズナガレボシ。って、結構いるのね。

おわり

あおむし

8/10  とび抜けて多くない

1:59PM いつも通り、小倉記念のリピーター率を確認する。ローカルのコースはそれぞれに特徴があるので、これは必要なプロセスなの。

過去10年を振り返ると、複数年にまたがって好走したリピーターは2頭。小倉の申し子メイショウナルトさんとベルーフだけだ。とび抜けてリピーターが多いレースでは無さそうだね。2頭とも1回目は初の古馬重賞挑戦で馬券圏内に好走し、2度目も同じように好走した、と。

今年、このリピーターになれる可能性がるのはスーパーフェザーとモズナガレボシってことか。スーパーフェザーは、どうも小倉記念を狙って来たフシがあるけれども、モズナガレボシはなあ。最近いいところナシだからなあ。んまあ、今回はあまりリピーターにとらわれ過ぎない方がいいかも知れないね。

おわり

あおむし

8/11  印象的で刺激になる

2:23PM 録画してあった、福本大輔くんとマイティーハートの特集を見たよ。カナダで2冠を獲った(まだ若干23歳の)日本人騎手と馬のおハナシ。印象的だったし、刺激になったよ。マイティーハートは芝、こなせそうだけどな。3冠目の敗戦は、芝がダメっていうよりペースがキツかったのと、向こう正面の終わりまでベッタリマークされてたのが効いたんぢゃないかな。

小倉記念の出走もじきに締め切られる。そうしたら熟考開始だね。一方、現在ただ1頭の3歳馬の出走となりそうなピースオブエイトが、予想単勝オッズで3番人気に支持されている。

ピースオブエイトは、前走のダービーより4sも斤量が軽くなるんだよね。もう反則級だね。小倉も新馬戦で1800mの芝を勝ったことがある。つまり陣営は明らかに小倉記念を狙っている、と。これでハイペースになれば、更なるアドバンテージが手に入るんぢゃないかな。あくまで個人の意見よ。

おわり

あおむし

8/12  せっかく

4:38PM 小倉記念の出走登録が締め切られて、枠順も発表になった。今年は16頭の多頭数で開催だ。穴馬が炸裂するチャンスがあるかも知れない。

と思って期待してみたものの、せっかくの多頭数なのにペースがそれ程速くならない可能性が。そうなると、道中の位置取りと瞬発力がモノを言う事になる。んだけども、ペースが緩むと外から差すのは難しくなるからな、特に頭数が多い場合は。外枠の馬は、ペースによっては不利を被るかも知れないな。

現時点ではペースが掴めないから、馬場状態とか、他の切り口から攻めるにしても明日の結果を待つしかなさそうだな。

おわり

あおむし

8/13  手応えを感じたゾ

8:42PM 本日の札幌ダート1700mは結果としてはハズレだったが、十分な手応えを感じたゾ。イケる。小っちゃな希望の炎が灯った気がするのん。

小倉記念の方は全くもって確信が無いけれども。今日のレース結果から集めた情報を、必死に生かそうとしている。すなわち、時計の速い馬場である事、瞬発力のある先行馬が好走している事、そしてペースが緩むと外枠が不利になる事だ。

ペースはスローか、速くなっても平均ペースと予想を立てた。ピースオブエイトからマリアエレーナ、ムジカ、タガノディアマンテ、シフルマンとカデナに流すよ。外枠の馬は差し届かないと見て、買わない。

おわり

あおむし

8/14  全然ダメ

4:27PM またしても全然ダメ。少しはマシになるように色々工夫しているつもりだけれど、今のところ何ひとつ効果なし。

ペースは結局平均ペース。それって、つまりは前走好走した馬がまた好走出来る条件なのに、ペースの予測を当てていたにも関わらず、その発想自体が完全に記憶から抜け落ちているっていう。

ヒンドゥタイムズが12s馬体重減らして来たのを見て、ン?と一瞬警戒感を感じたが、今になってみればやっぱりカデナと交換しとくんだったな、って思う。ヴィンセント・ホー君、なかなかやるもんね。ピースオブエイトに関しては、そりゃダービー惨敗から巻き返すのは簡単な事では無かったとは思うけれども、あれだけ反則級の好条件に恵まれて5着では許されないのよ。今年の3歳馬は注目に値しないかも知れないな。

おわり

あおむし

8/15  札幌記念の情報収集

5:55PM 札幌記念の情報収集に忙しかったもんだから、反省はまだしてないの。iTunesからmicroSDカードに音楽データを取り出す作業もしなきゃだったし。

13歳になった愛用のiPodnanoは、バッテリーの劣化はあるもののまだ現役なんだが、2、3年前に購入したBluetoothのトランスミッターが逝ってしまったのだ。原因は過剰充電かも知れない。他のデバイスには過剰充電防止用の回路が搭載されているから、トランスミッターにその機能が無いなんて思いもしなかったのよ。ま、そんな訳で遂に音楽データをスマホに打つことを決意。今までは容量食うのが嫌で避けて来たんだけれどね。

さて、札幌記念の情報収集で知った事が少しあった。1つ、単勝1番人気は何故か勝てない。2つ、1枠1番(と場合によって2番)はラッキー枠、そして3つ、出走しているならG1馬が馬券に絡むというか、G1馬しか馬券に絡まない。

おわり

あおむし

8/16  昨日の発見

1:35PM 昨日の発見について。

札幌記念で単勝1番人気の馬はなぜか勝たない件。少なくとも過去10年間は勝ってはいないのよ。2015年にトーホウジャッカルが9着に負けた時を除けば、2着か3着には必ず絡んでいるようだけれども。

んまあ、これが特殊なケースと考えた方がいいのかも知れんね。トーホウジャッカルは2014年に菊花賞を勝って以来6ヶ月以上もレースに使われていなかったし。札幌記念の前走に当たる宝塚記念では4着で入線しているから、もしかしたらみんな他にG1馬のいない札幌記念なら巻き返すだろう、と思ったのかも。んだがドッコイ、期待を裏切ってしまった、と。

トーホウジャッカルは距離延長(とレースの格上げ)でハヒゴを登って来て、菊花賞でそのパフォーマンスの頂点に達したんだね。こういう馬は(札幌記念では)落とし穴になる事に気を付けよう。逆に言えば、1番人気の馬はヒモ候補になるって考えてもいいのかもな。

おわり

あおむし

デル株式会社