2021年7月
SunMonTueWedThuFriSat
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
んで、どこ行く、春休み?
旅達(たびだち)会員限定ツアー【海外】

7/01  全面的に自分のせい

7:15PM 自分にガッカリしている。おおガッカリだよ。

先行馬が多かったから、ペースが速くなるって予測してた。ペースが上がったら、カジノフォンテンが苦しくなるのも予測してた。距離短縮だから、オメガパフュームが多分凡走するのも折り込み済みだった。レース前に重馬場だったのも見た。もし厳しいペースが予想されるなら、前走好走馬にこだわるべきぢゃなかったんだよ。重馬場のハイペースでは一番ダメなパターンなんだから。なのに、予想を買える必要にさえ気付かなかったなんて...。

原因の1つは、予想を考え直す時間が足りなかったからだ。帝王賞は例年、宝塚記念が終わった週に開催される。ほんの2、3日ですべての準備を整えるのは、おいらには難しい。特に、引っ越しの準備が同時進行してる時は、ね。

んでも、そんなのはタダの言い訳だ。全面的に自分のせいだよ。

おわり

あおむし

7/02  見当もつかん

7:15PM 自分にガッカリしている。おおガッカリだよ。

5:55PM 打合せがキャンセルになったから、ラジオNIKKEI賞のケンバーを見に行ってみたものの、分らん。どっから手を付けていいかすら、見当もつかん。だからって、今年は小倉開催のCBC賞も、どうしていいか分らんし。ちなみに去年は阪神で開催だった。CBC賞って例年、中京で開催されて来たのよ。もう、京都の改修工事のお陰で、開催地があっちこっち変わって振り回されっぱなしだよ。過去の傾向も含めて、綿密なリサーチを元に予想する身としては、開催地変更は大きな痛手なの。

更に。宝塚と帝王賞、両方コテンパンにヤラれて、モチベーションの方もすっかり下がってしまった。どうしよう?小倉で好走する馬は小倉巧者で、過去にも好走歴があるんだったなあ、とぼんやり思い出しかけたとこだけれど。んでも、それだけ思い出した所で、予想するのに十分な情報には到底足りない。

枠順ももう発表になってるんだけどね。せめて小倉の天気がどんな塩梅かでも分かれば、もう少し背中を押された気にもなるんだが。

おわり

あおむし

7/03  真っ只中

8:52PM ここ東京ではまだ梅雨の真っ只中にあるけれども、夏競馬が本格的に開幕。熱海で土石流が起きた静岡のみなさんには、心よりお悔やみを申し上げるよ。東海から関東にかけて、今後もまだ大雨の予報が出ているからね、みんな、気を付けてね!

CBC賞の予想を頑張ってみたよ。モチベだだ下がりなので、まったく自信はないけれども。今の状態でできる精一杯は、やったつもり。当たるも八卦、当たらぬも八卦だ。

軸はピクセルナイト。相手にはクリノアリエル、ビオグラフィー、ヨカヨカ、アウィルアウェイ。小倉の芝は硬くて、超の付く高速馬場みたいだ。予報通り天気が回復したら、明日もレコード祭りな1日が待ってるかも知れないね。

おわり

あおむし

7/04  ビールでやけ酒

8:51PM 「当たらないと思ったよ」と負け惜しみを言いつつ、ビールでやけ酒だーい。

ファストフォースがやったんと同じことを、福永くんが上手いことやってくれるんぢゃないか、って期待してたんだが。どうもペースが速すぎると判断したのか、逃げずに番手に下げちゃった。んでも、流れが速くてなんとか折り合い欠かずに済んだから、結果オーライ。

ファストフォースは完全に死角だったわ。もっと注意してよく見といたら、もしかしたら逃げるのはこっちだって、気付いたかも知れない。前にも言ったけど、今の小倉の芝は超の付く高速馬場だからね。直線一気の追い込み馬なんて、仮にペースが速くなったって、届くわけない。

おわり

あおむし

7/05  今年の3歳馬

7:34PM 夏競馬も始まったので、レースの結果にザッと目を通してみたけれど、今年の3歳馬は中々やりよるよ。数字に落とし込んではいないけれども、ほぼ全てのカテゴリー(条件戦から重賞まで)で3歳馬が高いパフォーマンスを発揮しているよ。んまあ、CBC賞でピクシーナイトを軸にした理由の1つも、それがあったんだけどね。

もしある3歳馬が出走したとして、そのカテゴリーで好走できる能力をその馬が本質的に持っているなら、4歳馬や5歳馬よりも、3歳馬を狙った方がいいってことだ。シャフリヤールのダービーでの勝ち時計は2分22秒5だった。コントレイルのそれは2分24秒1で、現5歳世代のロジャーバローズは2分22秒6で走破している。

一概には比べられないが、これまでの古馬のだらしないパフォーマンスに鑑みても、この3世代を優先順位順に並べるなら、おいらだったら3歳馬、5歳馬、4歳馬の順だって、言うだろうな。もちろん馬のコンディションがみな良ければ、だけど。

おわり

あおむし

7/06  七夕賞

6:22PM 今週は、夏競馬でも荒れるレースの内の1つ、七夕賞。そうか、明日はもう七夕だもんな。東京では織姫と彦星を拝める望みは無さそうだけれど。実は七夕って東京では晴天率低くて、めったに笹飾り揺らしてお祝いなんて出来ないのよね。何せ梅雨真っ盛りだから。

認めたくは無いが、おいら七夕賞を当てたことが無い。人生で一度も。んだからって、通常は中京で走るのに、今年は小倉で行われるプロキオンSも当てられそうに無い。そんでもって悪いことに、どちらのレースにも3歳馬のエントリーが無いと来たもんだ...。

一応、七夕賞の出走馬をザックリ見てはみたものの、どの馬が好走しそうなのかすら、皆目見当がつかん。もしかしたら去年の覇者(一昨年の2着馬)のクレッシェンドラヴ様が、がんばって馬券圏内に好走するかも知れない。福島巧者だもんね。けど、7歳馬がトップハンデの58キロ背負って、好走するのは難しいとも思うし。

おわり

あおむし

7/07  かすかな希望

7:31PM 少なくとも幾つかはヒントが見つかるんぢゃないかっていう、かすかな希望を持ちつつ去年の七夕賞のメモを紐解いてみた。

そしたら「なんだかんだ言っても1〜3番人気の馬のどれかが絡んでる事が多い」とのモヤっとした記述があった。頼りなさ過ぎだ。他には「トップハンデでも、他の軽ハンデ馬が走らなければ、絡む」とエラそうに書いてあったが、当たり前のことだよね。何で、こんなこと書いたんだろう?もうお手上げだったのか。

更にメモの最後には、「七夕賞には未だコレといった傾向が見つけられていない!」から「攻略法が分からない、ノーヒントのレースの馬券は買うな!」とあるぢゃあないか...。

おわり

あおむし

7/08  緊急事態宣言

7:58PM 今日は早く帰らなきゃと思っていたのに、まだやる事イッパイ残ってるって、どういうこと?一体何してたんだ、自分?ああ、そうだった。4度目の緊急事態宣言が発令される見通しでブー垂れてたんだった。もういい加減、ウンザリなのよ、ホント。特に海の向こうのアメリカでは、オールスターを通常通り(観客入れて)開催するんならなおさら。行け、大谷!

んで、七夕賞の方はって言うと、まだ皆目見当も付いてない状態。なんだけれども、これはもう基本に忠実にまずは人気上位3頭から好走の可能性を探って行くしかないかな。ちなみに、本日の時点での予想単勝オッズトップ3は、クレッシェンドラヴ、ヴァンケドミンゴとトーラスジェミニだ。

おわり

あおむし

7/09  一歩前進

7:28PM 七夕賞の枠順が発表になったね。まだ泥の中をもがきまくっている最中だけれども、枠順が小っちゃなヒントをくれて、ハイペースになるんぢゃないかって考えてるの。

んまあ、馬場状態がどんな塩梅になるのかまだ分らんのだが、もしペースが厳しくなるようなら、そして七夕賞はチョイチョイ厳しいペースになりがちなんだが、前走で激走していない馬が有利になって来る。というのも、彼らは激走したことによる反動という名のダメージを抱えていないからね。一歩前進したかな。

おわり

あおむし

7/10  いつも通り

8:58PM いつも通り、できる限り精一杯の予想をしたよ、七夕賞。

んで、トップハンデではあるけれども、やっぱりクレッシェンドラヴ様を軸にすることにした。福島巧者だし、去年よりライバル達のレベルが下がるんなら、連覇のチャンスもあるんぢゃないかって思って。(7歳だから)勝ち切るまで行かなかったとしても、58キロだけの理由でこの馬が惨敗する姿は、ちょっと想像できなかったよ。

相手はロザムール、ブラックマジック、カウディーリョ、クラージュゲリエとプレシャスブルーで。アールスターは、泣く泣く切った。小倉まで取って置こうね。それからシツコイようだけど、七夕賞は当てた事ないからね。

おわり

あおむし

7/11  だか〜ら言ったぢゃないの

6:52PM だか〜ら言ったぢゃないの、当てた事ないって。軸にしたクレッシェンドラヴ様は14着っていう、見事な惨敗っぷり。ロザムールは期待に応えて頑張ってくれたのに、ね。トップハンデの7歳馬なんか、信用するんぢゃなかった。

考えてみれば、ロザムールみたいに軽ハンデの馬と、クレッシェンドラヴみたいなトップハンデの馬を、同時に買っている時点で矛盾しているのか?筋が通ってなかったのかも。

んまあ、でも1つ気が付いた事があった。夏競馬の荒れる重賞を当てるための手がかりになるといいなあ。

おわり

あおむし

7/12  混乱する重賞

6:46PM 今週もまた、混乱する重賞が開催だ。小倉でやる中京記念とか函館でやる函館記念とか。あ、後者はおかしくない、か。

この「〇〇でやる△△記念」にはホトホトうんざりしているのだけれども、これがまだ少なくとも半年位は続くんだよね、この先。京都競馬場の改修工事が済むまではサ。来年の夏には、こんなレース名と開催地が食い違った紛らわしい重賞がなくなって、コロナのパンデミックも制圧し、そんでもって新築の家のルーフベランダに作った木陰で、冷た〜いビールを飲んでいたいなあ。

おわり

あおむし

7/13  いつも掃除する係

8:00PM これから4ヶ月住む部屋を片付けて掃除して疲労困憊。なんで引っ越しで去る部屋と移る先の部屋、両方とも1人で掃除しなきゃならんの?なんで、いつも掃除する係なのよ、おいら?

んまあ兎に角、今パソコンの前に座ったとこ(そんで本日初めて立ち上げたとこ)だよ。そんなだから、先週の結果と小倉でやる中京記念の出馬表をチラッとしか見てないんだけれども、小倉の芝は引き続き高速馬場のようだね。もしかしたら、高速馬場適性の高そうな、ディアンドルみたいな馬がいいかも。

函館の芝の状態はまだチャント確認してないんだが、上がりの3ハロンが35秒以上かかってそうな感じだね(洋芝だし)。これが事実なら、前走であんまり頑張らずに2〜4着位に軽く負けてるような、先行馬を選ぶのがいいかもな(ペースにも寄るけど)。血統的には、ステイゴールド、ゴールドシップ、オルフェーヴル、ハーツクライ産駒の一部あたりが狙い目かしら。

おわり

あおむし

7/14  ヒント無しか

8:06PM またしても疲労困憊。3段の引き出しを担いで、部屋から狭い階段を通ってどうにか下まで下ろし、ソイツをガラガラに乗せて引っ張って来て、また狭い階段を2階まで抱えて上がったんだもん。疲れたし、汗ダクで気持ちワルイよ。

何かヒントが見つかるかも、という淡い期待で開いた去年の函館記念のファイル。記憶が正しければ、大ハズレを食らったやつ。開いてみたら、メモは一切無かった...。ヒント無しか。

おわり

あおむし

7/15  往復

8:22PM ごみんなさい。旧自宅マンションと新しく住む部屋を、自分の体と同じくらいの荷物を担いで何往復もしたもんだから、もうくたびれ侍なの。

これ以上1ミリも動ける気がしない。キーボードを打つのに、指を持ち上げるのも無理りんこ。

おわり

あおむし

7/16  ちょびっとヒント

7:15PM 唐突な暑さでへばっている内に函館記念の枠順が発表になってたよ。どうやら関東の梅雨も明けたようで。んでも、ちょびっとヒントを見つけたよ。

どうも外枠より内枠の方が優勢なようだね。馬番で言うと、3番と6番は過去10年の結果では馬券に絡む率がが高めだ。続いて馬番4番。外枠、具体的には馬番14番から外は、先行馬以外あまり気にしなくても良さそうだ。ただし、ハイペースになると外からの捲りが届くみたいなんで、外枠の捲れる馬に注意が必要になって来る。

ついでに、上がり3ハロンが平均して35秒位かかっちゃう、単調なタイプの馬の方が(一瞬の切れのある瞬発力タイプより)高パフォーマンスの可能性が高そうだ。これは最初立てた予測通りだね。

おわり

あおむし

7/17  何頭かピックアップ

8:34PM 今週は、引っ越しやら何やらで、ずっと忙しかったから通常モードの綿密な?リサーチが出来なかったの。なので、一発やってくれそうな馬を何頭かピックアップだけしてみようかな。

カフェファラオを軸にするのは、あまりに危険すぎるん。函館の芝をこなせるかどうかは、神のみぞ知るだもんね。んだから、代わりにマイネルウィルトスを軸にする案はどうだろう?相手はカフェファラオ、ワールドウィンズ、アイスバブル、タイセイトレイルとレッドジェニアル。

向こう数日間の天気予報ほど当てになる予想ぢゃないけれども、んまあ、そういう意味ではもともと左程当たってもいないしね。

おわり

あおむし

7/18  予想に反してハイペース

4:04PM またしても大ハズレを食らってしまった、はは。ペースさえ満足に予想でけんとは。予想に反してハイペースになっちゃったから、前に行った馬はくるしくなってしまったね。トーセンスーリヤを除いて。スーリヤは縦長のすごく恵まれたポジションが取れたから。揉まれたくないはずの同馬にとっては、理想的だったんぢゃないかな。

マイネルウィルトスも同じようなタイプかと思ってたんだけれども、3ヶ月の休養明けだったが、前走のダメージが仇になっちゃった感じだ。休み明けなのにマイナス体重(−6キロ)なのを見た時は、一瞬「んん?」といぶかしんだのよ。最終的にそれでハズレっていう結果に終わったワケなのね。

おわり

あおむし

7/19  惨憺たる結果

6:15PM 今週は、新潟名物のスプリントレース、アイビス・サマー・ダッシュが行われる。これも当たった記憶が無いなあ。覚えてる限り、夏競馬っていうと毎週毎週、惨憺たる結果の連続なのね。もういっそのこと、つまらん重賞のためにどぶ銭する位なら、条件戦で3歳馬に狙いを絞って買った方がいいんでは?とさえ思う。

そう言えば、キタサンブラックの初年度産駒の1頭、コナブラックが未勝利戦を勝ち上がったね。もしかすると単調なレースが合うタイプかもね。距離で言うと1800mとか2200mとかで、小回りとか坂のあるコースなんかがいいかも。ペースは平均かハイペースの方が、瞬発力勝負にならなくて良さげ。

おわり

あおむし

7/20  とは言え

4:51PM 今週末の出走登録表はまだ全部は公開されていないから、新潟、函館それぞれ2、3レースしか見ることが出来ない。それでもアイビス・サマー・ダッシュを予想する(そしてハズす)位なら、こっちをやる方がいい気が、本気でして来た。とは言え、アイビス・サマー・ダッシュと言えば独特の特徴のあるレースでもある。余計な浮気はせずに、こっちにしといた方がいい気もする。

アイビス・サマー・ダッシュと言えば、外枠が有利がアカラサマな事で知られている。ペースや馬場がどうであれ、どういうわけか兎に角外枠の好走率が高いんだ。それから、ペースに関係なく上がりも毎年速かったりする。つまり、瞬発力が大事ってことになる。なのに、出走して来る馬は大抵、芝の短距離路線を厚めに使われている単調なタイプの馬ばっかり、なんて事が多い。んまあ、そこでいつも混乱するんだけれど。

とりあえず、コノレースに関するメモが無いか探してみることにするよ。旧宅から帰って来たらね。これから不用品回収業者に、古い冷蔵庫、洗濯機と掃除機なんぞ回収してもらわなきゃならないんで。

おわり

あおむし

7/21  避けるべき1番人気馬

2:53PM 昨日はヒドイ大失態をやらかしてしまった...。そのせいで、まだとても落ち込んでいるし、悔しくてたまらん。けれども、早くこの嫌な気分から脱して自分を立て直したいから、このハナシはまた後で。

こんな最悪な状況でも、1ついいニュースがある。去年のアイビス・サマー・ダッシュのメモを見つけたよ。それによれば、このレースでは単勝1番人気の馬の成績がかなり良いんだが、その中でも走らない、避けるべき1番人気について6項目ある。

メモによれば、1、3勝クラスまでしか勝っていない、2、前走から斤量増、3、前走がダート2戦消化後や距離短縮による激走、4、過去にこのレースを勝った事のある馬の3度目の挑戦、5、前走で新潟1000mの条件戦を接戦勝ち、6、前走逃げ切り勝ちした馬の距離短縮、以上6項目に1つでも該当する1番人気馬は避けた方がいい、と。

おわり

あおむし

7/22  モントライゼ

7:23PM 今現在、アイビス・サマー・ダッシュの予想単勝オッズで1番人気に支持されているのは、モントライゼだみたいだね。そして、このモントライゼは昨日の除外条件に引っかかっていない。という事は、信じてもいいのかな。

今日は更にメモからのヒントを。前走2桁着順から巻き返すケースはほとんどない。条件をクリアした馬のみ、3着候補に、とある。んで、その条件ていうのがA、1600万条件は勝っている、B、1400mまたは1000mで好走歴がある、それからC、前走多頭数ハイペースのレースを先行して負けている、だ。

この条件をクリアする馬をざっと探すと、セピアノーツ、ヒロイックアゲンとロジクライしか残らないのね。さて、もう行かなくちゃ。男子サッカーの予選がもうすぐキックオフだから。

おわり

あおむし

デル株式会社