2019年2月
SunMonTueWedThuFriSat
12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728

2006

2007

2008

2009

2010

2011

2012

2013

2014

2015

2016

2017

2018

2019/ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
んで、どこ行く、春休み?
旅達(たびだち)会員限定ツアー【海外】

2/01  というわけで金曜日

6:15PM ハイ、というわけで金曜日がやって来たよ。東京新聞杯の枠順をチェックする時間だ。

1枠1番サトノアレス、2枠2番インディチャンプ、2枠3番テトラドラクマ、3枠4番ストーミーシー、3枠5番タワーオブロンドン、4枠6番レッドオルガ、4枠7番ゴールドサーベラス、5枠8番ロードクエスト、5枠9番ヤングマンパワー、6枠10番ロジクライ、6枠11番ジャンダルム、7枠12番ショウナンアンセム、7枠13番リライアブルエース、、8枠14番レアリスタ、んで、8枠15番レイエンダ。

1番人気は引き続きタワーオブロンドンですぐ後ろにインディチャンプが続いている。んでも、あんまり信頼はできないね。っていうのもこのレース、過去10年1番人気が勝っていないんだよね。むしろロジクライ推しだったりするんだけれども、乗り役がねぇ…。

おわり

あおむし

2/02  レースは走る

1:48PM バカ牛の野郎が昨日、インフルエンザの診断を下されやがった。ヤツが1日寝ていたお陰で、その分全てを肩代わりさせられたよ。今は自分のコンディションのことだけで精一杯だっちゅうのに、この男には容赦ってもんがまるで無いらしい。

インフルで倒れようが倒れまいが、レースは走る。東京新聞杯は、ロジクライを軸にする。乗り役の不安は払しょくできていないけど、前に行ってさえくれれば、あとは馬が何とかしてくれそう。相手は、テトラドラクマ、レッドオルガ、サトノアレス、ジャンダルムとレイエンダだ。ジャンダルムとサトノアレスは3着で。

おわり

あおむし

2/03  いや、いや、いや、いや!

4:58PM 心配していたことが本当になってしまった。甘っチョロイ中途半端な先行策で、ロジクライはインディチャンプとその他の内枠の馬たちが最も望んでいた、ゆっる〜いヨーイドンの瞬発力レースをお膳立てしてしまったわ。んでも、このクラスで、1分32秒切る勝ち時計が出るんだったら、今の東京は高速馬場だったことを頭の片隅に入れておいた方がよさそうだな。

2、3日前の夜から咳が出始めた。もしかしてコレ、インフルもらっちったんぢゃないの!?と震え上がっているおいら。いや、いや、いや、いや!ダメでしょ、この上更にインフルとか、絶対ダメだって!そんなわけで、これ以上自分のコンディションを悪化させないために、思いつく限り全ての対策を実行中。

おわり

あおむし

2/04  献身的な努力

2:22PM 献身的な努力の甲斐あって、まだインフルにはかかっていない。けど、シーズンが終わるまでは、油断は禁物だ。2週間後のフェブラリーSが終わるまでは、絶対にインフルなんか貰えないのだ。

今週は京都記念が行われる。ダンビュライト、タイムフライヤー、ステイフーリッシュ、パフォーマプロミス、マカヒキさんの他7頭が出走登録をしているよ。多分、買わないと思うけど。そろそろフェブラリーの方に集中したいしね。

おわり

あおむし

2/05  って言ってるそばから

3:16PM って言ってるそばから…インフル発症。高熱が出るといった、明らかな症状はまだ出てないんだけれども、今朝起きた時に喉に若干痛みがあったのね。それでクリニックに駆け込んで検査してもらったら、あらまあ出ました!めでたく感染でっす!この数日間、インフルエンザウイルスで周囲を囲んでくれた牛ファミリーのお陰ですな。

んまあ、考えようによっては、来週かかるより今週で良かったかもな。もしガーンと高熱なんか出た日にゃ、フェブラリーの予想なんか全くできないだろうし。そうなったら、今年最初のG1なのに、最悪のスタートを切ることになっちゃうもんな。

おわり

あおむし

2/06  高熱の出ないインフル

3:11PM インフルエンザなのに、高熱が出ないってこともあるんだな。インフルに先だって診断された貧血のせいだろうか、それまで36.3〜36.5℃くらいだった平熱が、35℃台前半になってしまった。インフル発症前後で体温を観察してたんだけど、発症後も36.5℃を超えてないんだ。んだから、節々が痛いとか喉が痛いといった、典型的なインフルの症状が出ていないのね。あれって、高熱のせいで出るもんらしいから。体は楽だけど、正直言ってなんか変な感じ。

マカヒキさんが京都で走っている間、東京では明け3歳馬の伝統的な重賞レースが今週末行われる。共同通信杯だ。去年の朝日杯のチャンピオン、アドマイヤマーズが出走するんだけど、おいらの興味はクラージュゲリエに向いてんだよね。

おわり

あおむし

2/07  深くお詫び申し上げます

3:39PM 牛の野郎が、このコンテンツを月曜日以来、いっさい更新していなかったことが発覚した。皆様には牛の怠慢を深くお詫び申し上げますが、牛のことなので、このようなことは2度と起きないとまでは断言できません。ごみんなさい。

共同通信杯より1日早く、もう1コ、これは3歳牝馬限定の重賞が行われる。デイリー杯クイーンCの名を冠したこのレースには、去年の阪神JFで2着と健闘したクロノジェネシスが出走予定だ。もちろん、現時点で1番人気に支持されている模様。

おわり

あおむし

2/08  東京は週末、雪の見込み

3:00PM ハイ、京都記念の枠順発表の時間がやってまいりましたぁ。

1枠1番ハートレー、2枠2番ノーブルマーズ、3枠3番アクションスター、4枠4番ケントオー、5枠5番ブラックバゴ(って、なんか金杯みたいなメンベアーやな)、5枠6番ダッシングブレイズ、6枠7番パフォーマプロミス、6枠8番ダンビュライト、7枠9番カフジプリンス、7枠10番ステイフーリッシュ、8枠11番タイムフライヤー、んで8枠12番にマカヒキさん、と。

この少頭数で外枠ってのは、不利以外の何物でもないな。特に、馬場が渋ったらなおのこと不利になる。東京は週末、雪の予報が出ているけど、もし京都も雪とか雨なんか降ろうもんなら、マカヒキさんあたりはチョット困ったことになるだろうね。

おわり

あおむし

2/09  本格的ぢゃない

3:18PM 週の始めに言った通り、京都記念は買うつもりがない。なので、いつもみたいな本格的な予想は期待しないように、前もって言っておくよ。

う〜ん、まるで興味がわかないメンバーだなあ…けど、んまあ、いつも通り滞りなくレースが進行するなら、ココはパフォーマプロミスが勝つでしょう。とは言え、乗り役を考えれば、取りこぼしが無いとも限らんので、単勝にブチ込むのはオススメしないよ。流しで買うなら、ノーブルマーズ、ステイフーリッシュ、マカヒキさんあたりか。おいらだったらパフォーマプロミスとノーブルマーズの馬単買っちゃうな。

おわり

あおむし

2/10  ハエもとまりそう

7:23PM 京都記念は特に問題もなく、つつがなく行われた。唯1つ、ペースがダラッダラの、ハエもとまりそうなスローだったことを除いては。これだけペースが遅いと、大抵の場合は4角からのヨーイドンになるんだけど、今日の京都の馬場は予想以上に時計がかかって、力の要る馬場だったみたいだ。これが、ダンビュライトにとっては有利に働いたね。軽いスピードよりは、パワータイプな馬だからね。

パフォーマプロミスは、何があったか分からないけど、もしかしたらチョット過大評価し過ぎたかな。なんつっても、もう7歳馬だもんね。

おわり

あおむし

2/11  上位2頭

10:03PM 今日は土曜日に走る予定だったデイリー杯クイーンCの代替レースがあったね。降雪を理由に土曜の競馬は中止になったんだけど、結局積もるほど降らなかったね。

クイーンCは1番人気に支持されたクロノジェネシスが1着、2番人気のビーチサンバが2着と、穏やかに終わった。てことは、現時点で去年の阪神JFを勝ったダノンファンタジーを負かす程の馬は出てきていないってことになる。去年、アーモンドアイはこの時期すでにシンザン記念を勝っていて、阪神JFの1着馬ラッキーライラックのライバルとして名乗りを上げていた。けど、今年は未だにそういう馬が出てきてないってことは、阪神JFの上位2頭がスライドして、桜花賞の1、2着になってしまうんぢゃないかって気がする。

おわり

あおむし

2/12  2月の半分

4:04PM 貧血だのインフルだのに振り回されている間に、2月もほぼ半分が飛ぶように過ぎ、気が付けば今年最初のG1であるフェブラリーSまで、残すところ僅か4日というところまで来てしまっている…マジか。

月曜日が祝日だったせいで、いつもより予想時間も1日減ってしまったし。インフルだったせいで、やることいつも以上に積みあがってるし。なのに、インフルの間接的な影響で顧客のキャンセルが発生し、今月はいつもより身入りが少ない、と来たもんだ。くっそ、過去6週間でもう十分過ぎる嫌なことを経験したわ。状況好転を切に願うよ、ホント。

おわり

あおむし

2/13  最初に確認すること

5:08PM 過去のフェブラリーSの結果の分析を鋭意始めなければならん。何せもう、あと3日しかないからな。まず最初に確認するのは、根岸Sの勝ち馬が好走しているかどうか、だ。

去年はノンコノユメが根岸Sを制して、その勢いに乗ってフェブライーも勝ってしまった。んだが、しかし。個人的な見解としては、東京ダート1600mという舞台設定が、ノンコにとっては願っても無い位に得意な条件だったからこそ、成し得たことだと思っている(一雨降って稍重の高速馬場にでもなってたら、もっと良かったんだろうけど)。そうぢゃなかったとしたら、ユニコーンSを圧勝できた理由は何?ってことになるでしょ。ノンコのケースに比べると、コパノキッキングは頼りなく思える。1600mを走ったことすらないし。

おわり

あおむし

2/14  アンジュデジールが回避

1:33PM フェブラリーSに出走登録していたアンジュデジールが、左前脚を骨折していたことが分かり、フェブラリーを回避することになった。残念だけど、昨シーズンからトップカテゴリーの牡馬相手に頑張ってたからね。そろそろ休ませてあげても、いいんぢゃないかな。

おいらも休ませてもらいたいわ。終わりの見えない病院通いのために、必死に調整して時間を捻り出し、ようやく取り付けた予約の度に個人情報を晒し、その挙句に医師が喋り終わるまで一言も発することを許されないとか、そういうのから。

おわり

あおむし

2/15  今季初のG1

4:35PM さあ、枠順発表の時間だ。今シーズン最初のG1、フェブラリーSの枠順だかんな。

1枠1番クインズサターン、2枠2番ユラノト、3枠3番ゴールドドリーム、3枠4番メイショウウタゲ、4枠5番サクセスエナジー、4枠6番インティ、5枠7番サンライズノヴァ、5枠8番モーニン、6枠9番ワンダーリーデル、6枠10番サンライズゾア、7枠11番コパノキッキング、7枠12番ノボバカラ、8枠13番ノンコノユメ、んで、8枠14番オメガパフュームだ。

サクセスエナジー、インティ、ノンコあたりは、いい枠を引いたんぢゃないかな。

おわり

あおむし

2/16  まだ精査できてない

2:54PM 飛び込みの仕事がぽこぽこ降って湧いて出るもんだから、フェブラリーSの予想をまだ精査できてないの、ごめんちゃい。

ただ1つだけ確かなのは、インティが勝つ。2着、3着候補は、とりあえず5頭まで絞り込んだんだけど、まだ買い目として細かく整理できたない状態なんだ。差し当たりその5頭を発表すると、ユラノト、ゴールドドリーム、サンライズソア、ノンコノユメとオメガパフューム。なんだけども、現時点で、強いて好走する期待値の高い順に並べるなら、ユラノト、サンライズソア、オメガパフューム、ゴールドドリーム、ノンコの順かな。だからって、この順番がそのまま結果に結びつくわけぢゃないんだけど、サ。

おわり

あおむし

2/17  3列目

9:03PM あああ、3列目にしちゃったんだよねゴールドドリーム!(ゴールドドリームと同じような位置の内にいたんだから)もしユラノトがもう少しスムーズに馬群を捌いて来れてたらな…。

んまあ、でもユラノトにはちょっと期待をかけ過ぎたのは、認めるよ。インティ、ゴールドドリームとユラノトとの着差を見れば、上位2頭が1枚も2枚も力が上だったのは明らかだからね。

おわり

あおむし

2/18  能力診断ステップ

3:07PM 一体フェブラリーSの予想のどこで躓いて、なんでまた牛に振り込んでしまったのかを反省していて気付いたんだが、予想する際に重要な工程をすっ飛ばしてしまっていた。能力診断ステップを…。

レースの予想をする時は、最終的にその馬の馬券を買うか、切るかを決断するために、出走する全ての馬の能力をある基準に基づいて診断することにしている。しているんだけれども、去年の秋シーズンから、どうもこの工程をまるっと忘れてすっ飛ばしがちなのよね(んまあ、この作業自体がまだ体に馴染むとこまで行ってないってのもあると思うんだが)。んで、今回でン回目のやらかし。何、おいらバカなの?

おわり

あおむし

2/19  保険馬券も忘れてた

3:36PM フェブラリーの反省してたら、保険用に1着、3着流しの馬券を買うのも忘れていたことに気付く、だ。もし、忘れていた2工程の内どちらか1つでも実行していれば、今頃ポケットに1万3000円入ってたハズだ。新しく買った、ノイズキャンセリング機能付きのイヤフォン代が出たってもんだ。

失態とその対策は頭に叩き込んだので、今は顔を上げて前を見据えなければならん。人生はまだ続くのだ。ただでさえ今週は、中山記念に豪華なメンバーが名を連ねているというのに。ドゥバイへのちょうどいいステップにするつもりなんだろうけど。スワーヴリチャード、ディアドラ、ステルヴィオ、エポカドーロにラッキーライラック、それにもちろん、ウインブライトちゃんも、ね。

おわり

あおむし

2/20  人気

5:02PM んで、ディフェンディング・チャンピオンのウインブライトちゃんは、5番人気、と…。んまあ、皐月賞しか勝ってないエポカドーロが2番人気で、古馬相手にマイルチャンピオン勝ったステルヴィオが3番人気だから、別に驚かないけどサ。

ちなみに、まだ馬券が売られてもいない今日の午後の時点で、栄えある1番人気は、2年近く前に3歳牝馬限定のG1を勝っただけのディアドラ様だよ。

おわり

あおむし

2/21  新着ニュース

2:08PM 察するに、中山記念の出走登録馬は、頭数からしてみんな出走できそうなので、新着のニュースを見てみることにしよう、そうしよう。

2017年のエリザベス女王杯の優勝馬モズカッチャンは、3月10日に行われる金鯱賞に向けて調教を消化している。大阪杯かヴィクトリア・マイル狙いかな。一方、去年のダービー以来のレースとなるダノンプレミアムも、同じく金鯱賞に向けて調教をこなしているようだ。休みはもう十分だろ。それから、そんなプレミアムのライバルだったエタリオウは、3月23日の日経賞に向けて調教中とのことだ。目指すは春の天皇賞だね。いいぞ、ガンバレ。もし有馬記念に出てたら、この馬から買おうと思ってたくらいだからな(出なかったからハズしちゃったぢゃないか)。

おわり

あおむし

2/22  豪華メンバー中山記念、枠順

2:46PM さあ、枠順発表の時間だ。

1枠1番ウインブライト、2枠2番マルターズアポジー、3枠3番ラッキーライラック、4枠4番シベリアンスパーブ、5枠5番ディアドラ、6枠6番トルークマクト、6枠7番ステルヴィオ、7枠8番ハッピーグリン、7枠9番エポカドーロ、8枠10番スワーヴリチャード、んで、8枠11番マイネルサージュだ。おお、ウインブライトちゃん、いい枠引いたな!

おわり

あおむし

2/23  んでも、まあ

2:08PM うーん…。多分、当たってもかなりガッカリな配当になりそうだな。んでも、まあ予想しときますか、中山記念。

軸はステルヴィオとウインブライト。3連単を買うオトモダチには、念のためにそれぞれ1、2着に買うことをオススメするよ。相手はラッキーライラック、ディアドラとエポカドーロだ。ラッキーライラックは3着付けで。スワーヴリチャード?まだ時間がかかるんぢゃないかな。

おわり

あおむし

2/24  ウインブライトが連覇

4:25PM ウインブライトちゃんが中山記念を連覇したよ、イエーイ!

ステルヴィオの道中の位置取りが控えめ過ぎたお陰で予想はまたハズしちゃったけどサ。3連単ぢゃなく、3連複を買っていたオトモダチ、おめでとう。反芻して楽しむために、あと2、3回はレースの動画を見ることにして、今日はジョギングはやめにするよ。また歯が痛くなっちゃったんだ。今日はおとなしく家でスクワットの別メニュー調整にすることにしよう、そうしよう。

おわり

あおむし

2/25  ウインブライトをG1馬にする方法

3:08PM ウインブライトの主戦騎手である松岡くんは、この馬はG1を勝てる、とずっと言ってたっけ。そしてウインブライトも、それに応えるように十分な資質を証明したわけだ。というわけで、ウインブライトをG1馬にする方法を考えてみたよ。

あくまで1ファンの個人的な意見だけど、おいらなら今週中にウインブライトちゃんを短期放牧に出すね。そして次戦は4月14日のアンタレスS(G3)を狙う。このアンタレスSは、6月半ばの安田記念に向けての叩きのレースなので(ダートだし)、勝つ必要は全くなく、むしろ3着位に軽く負けるのが理想。ただし松岡くんには、必ず先行するように、と注文を付ける。そうすることで馬の闘争心を掻き立て(ダートだし)、それでいて芝のレースで差し競馬をするよりも、肉体的、精神的なダメージを少なく抑えることができるって寸法だ。

おわり

あおむし

2/26  3月はスグそこ

4:42PM あと2、3日で2月も終わりだ。3月は、もうスグそこまで来ている。春のクラシックのステップレースなんか、あっという間に通り過ぎてしまうゾ。

今週の土曜日にはチューリップ賞が開催される。もちろん注目の的は、阪神JFの覇者、ダノンファンタジーだ。年明け初戦になるしね。日曜日には弥生賞だ。こちらのコンディションが良かろうが悪かろうが、今年もまたクラシックシーズンがやって来たことを思い知らされるのね。

おわり

あおむし

2/27  成長力に疑問符が

1:12PM 本日の競馬ニュースの中に、先週の中山記念5着になったエポカドーロに関する小さな記事をみつけた。

この馬とラッキーライラックには、個人的に期待をしていたんだけれども、ラッキーライラックが本来のポテンシャルの高さを証明できたのに対して、エポカドーロには少しガッカリしてしまった。1つは、この馬の馬体重がほとんど増えていなかったからだ。それだけで、この馬は成長していない、と安易に結び付けるのはどうかと思うけれど、馬体重が増えるというのは、馬のコンディションを判断する上で重要な要素であることには変わりない。休養明けなのにも関わらず、十分に馬体が増えていないというのは、若い馬の場合は成長力に疑問符が付くと言わざるを得ないんぢゃないかな。

ところで記事の内容だが、エポカドーロの次走が大阪杯になるっていうことだったよ、参考までに。

おわり

あおむし

2/28  シュヴァルグラン

2:44PM も1つニュースを。シュヴァルグランが3月30日に行われるドゥバイシーマクラシック(芝2410m)に、ヒュー・ボウマン騎手を背に出走するそうだ。

7歳馬が、2年とか3年とかいう長い時間、これだけトップカテゴリーで走り続けられるっていうのは、本当に驚くべき素晴らしいことだと思うよ。この馬の頑張りには、脱帽するよ。日本から幸運を祈っている。そして温かくなったら、また天皇賞(春)でお目にかかれることを楽しみにしているよ。

おわり

あおむし

デル株式会社