2017年10月
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
ユーブック
んで、どこ行く、春休み?
旅達(たびだち)会員限定ツアー【海外】

10/01  言い訳できん

7:11PM 目が曇っていたどころか、見えていなかったに違いない。それか、この目はまったくのフシアナだったってことだ。

北九州記念を見て強いと確信していたダイアナヘイローは、結局のところ、思ったほど強くはなかった。返し馬もずいぶんおとなしいなあ、と思ってはいたけど。4コーナーで先頭に並びかけるも、直線は馬群に沈んで15着。言い訳はできんわ。

おわり

あおむし

10/02  異例のどスロー

3:40PM スプリンターズSの結果を見たところ、どうやら今回は(スプリントG1にしては)異例のどスローだったことが分かった。

最初の3ハロンが33.9秒かかっている。あおむしは遅くとも33.5秒を切るくらいのペースを予測してたんだけど、ね。そりゃあ、メラグラーナがあの(後方の)位置から、上位3頭に追いつけないのも無理ないわ。締まったペースの方が真価を発揮するダイアナヘイローにとっても、おそらくこれは不利な条件になってしまったんぢゃないかな。

おわり

あおむし

10/03  豪華メンバー

4:26PM 考えてみたら、ダイアナヘイローは大分使われてたなあ。(条件戦だったとは言え)5月からほぼ休みなしで3か月間に4戦だからな。

今週は東京と京都でそれぞれ毎日王冠と、京都大賞典という前哨戦が行われる。毎日王冠にはなかなかの豪華メンバーが登録されているね。ソウルスターリングを筆頭に、マカヒキ、サトノアラジン、リアルスティール、それにワンアンドオンリー先輩だ。楽しみな1戦になりそうだ。

おわり

あおむし

10/04  ディープ産駒は凱旋門を勝たない

2:02PM ああ、そう言えば、凱旋門賞のことをすっかり忘れていた。何せ、サトノダイヤモンドはまず勝てない、と分かり切っていたからな。レースの時間帯には、大好きなBLのCDドラマを堪能していて、テレビの中継すら見てないわ。

んまあ、言わせてもらうなら、そもそも凱旋門賞を勝つのに要求される要素が、ディープインパクト産駒の特徴と合っていない。ディープ産駒は1600mから2200mで最も高いパフォーマンスを繰り出し、スピードを一気に爆発させられるような展開や条件のレースに向くんだ。だから、ディープ産駒が凱旋門賞を勝つことなんてあり得ない、と思っている。オマケに、サトノダイヤモンドに関して言えば、あおむしみたいな素人にでさえ、馬が疲れているように思えるもんな。

おわり

あおむし

10/05  雲行きがあやしくなってきた

2:19PM ランキングで、なんと5位にまで押し上げられていて、またしてもビックリしている。言うまでもなく、トップ5に入ったのなんて初めてで、一体なんでそんなことになったのか、と首をかしげているの。

考えつく唯一の理由は、昨日、競馬ネタ(特に凱旋門賞について)を書いたことくらいか。そう思ったら、今日も競馬ネタを書かずにはいられない、不思議な魔力に囚われてしまっている自分に気付いたりするんだ。

毎日王冠に出走するソウルスターリングは、間違いなくこのレースの中心になると考えていたのに、今朝彼女の出走歴を見ていたら、この馬、速い勝ち時計がないのね。毎日王冠を勝つには、速い時計への対応というか、適性は必須だと思ってたんだけど。うーん...どうも雲行きがあやしくなってきたようで。過去に3歳馬で、速い時計ナシで好走した馬がいたかどうか、見に行ってみることにしよう、そうしよう。

おわり

あおむし

10/06  毎日王冠、枠順確定!

2:01PM 日曜日の毎日王冠の枠順が発表になったので、早速見に行ってみることにしよう。

1枠1番ソウルスターリング、2枠2番マカヒキ、3枠3番ダイワキャグニー、4枠4番アストラエンブレム、5枠5番ヒストリカル、5枠6番マッチレスヒーロー、6枠7番グレーターロンドン、6枠8番リアルスティール、7枠9番ヤングマンパワー、7枠10番ワンアンドオンリー、8枠11番ウインブライト、んで、8枠12番サトノアラジンだ。

18頭立てのフルゲートではないし、特にコレといって逃げたいと思ってそうな馬もいないことから、どうもスローのヨーイドン的なレースになりそう臭がプンプンしてきたど。そういう観点で見ると、内枠の方が有利になるわな。

おわり

あおむし

10/07  内枠有利

2:29PM 昨日も言ったけど、毎日王冠は内枠からスタートできる馬が、先行できる馬と同じように有利になると思っている。というのも、ペースはそんなに上がらないと考えているからだ。

故に、ソウルスターリングを軸に、マカヒキ、ダイワキャグニー、アストラエンブレム、リアルスティールとサトノアラジンに流すことにするよ。サトノアラジンは後方からの競馬になるだろうから、勝つまでは行かないまでも、3着はあるだろうと思ってね。リアルスティールとマカヒキは、道中の位置取りが鍵になるだろうね。後方待機の差し競馬になれば、当然、勝ちきるのは難しくなるだろう。

祝日の月曜日に開催される京都大賞典の枠順も発表になったけれども、こちらは予想はしないよ。例年配当の低いレースになってるからね。それでもカレンミロティック先輩の、思い切った逃げは楽しみにしていたりする。

おわり

あおむし

10/08  先輩の仲間入り

10:54PM 土壇場になって、毎日王冠の馬券を買うのをやっぱや〜めた、してしまった。マカヒキとリアルスティール、どっちを切るか腹が決まらなかったからだ。結局、どちらを切るにせよ、リスクが高すぎるレースだと判断して、買うのをやめにしたんだ。

結果からすれば、その判断は正しかったことになる。何せ、軸馬のソウルスターリングが先頭に押し出されて逃げる格好になり、そのせいで彼女のアドバンテージが相殺されてしまったやないかーい!ルメールくんは、きっと前に逃げ馬置いて、その後ろで最後の最後まで追い出し我慢したかったんだろうになああ。けど、おじさんたちがそれを許してはくれなかったもんだから、8着に沈んだわけだ。んまあ、これほど大きく負けるとは思っていなかったけど。ワンアンドオンリー先輩にすら後塵を拝すとは。きっと本来の出来になかったんだろうね。去年の暮れから、出るレース全てで馬券に絡んでいるんだし、春クラシックのダメージは想像していたより遥かに大きかったのかもしれないな。

アストラエンブレムも夏の疲労が顕在化したみたいだね。出負けはそのせいだよ。一方、パドックを周回するリアルスティールが、今日はものすんごく良く見えた。つか、こんなにいい状態のリアルスティールを見たのは、初めてぢゃないか!?ってくらい、いい出来だったマカヒキについては、あれだけのアドバンテージがありながら、ココでもこのパフォーマンス。残念だが、たった今、君もワンアンドオンリー先輩の仲間入りを果たしたね。

おわり

あおむし

10/09  一か八か

4:45PM カレンミロティック先輩が果敢に逃げる姿を見るのを楽しみにしていたんだが、行かなかった。つか、行けなかった、の方が正しいのかも。んまあ、調教で併走馬に遅れを取ったって聞いてたから、多くは期待していなかったんだけど、サ。それでも、やっぱり少し、がっかりんこだったな。

スマートレイヤーは一か八かの競馬だったね。前がスムーズに開かなけりゃアウト、みたいな。そこいら辺に関しては、この馬の良さを引き出した鞍上に脱帽だわな。ディープ産駒らしく、スマートレイヤーの長所は、その瞬発力にある。スムーズに加速することさえできれば、レッドゾーンまで一気にスピードアップする。武くんは、その良さを最大限に生かして、7歳という年齢にもかかわらず、彼女をトップゴールへ導いたわけだ。もちろん、こういうダラッとした流れのレースでは、54kgという軽量もアドバンテージになttことは、言うまでもないが。

結果からすると、サウンズオブアースは本来の状態にはなかったようだ。馬体も減ってたし、ね。けど、ワンアンドオンリー先輩の仲間には入れてもらえないね。G1勝ってないからね。

おわり

あおむし

10/10  信じられない気温

2:35PM 本日の最高気温は28℃まで上がり、半袖Tシャツにスウェットの短パン、裸足にサンダルといった、真夏の出で立ちである。おいおい、今、10月だったよな。ミュンヘンではオクトーバーフェストやってて、ハロウィーンまで確かあと2週間ちょいしかなかったハズだ。なのに、この気温とか、信じられん。

けれども、この異常な気温も今週の木曜から、例年通りのそれに落ちるらしい。んで、それと共に雨もやって来るらしいく、週末まで雨予報が出ている。んもお、ハッキリしない天気は、秋華賞の予想を難しくするだけなんだけど、なあああ、ぐるるるるる...。とりあえず現時点では、リスグラシューが信頼できそうだけど、アエロリットが魅力的すぎて、たまらん。

おわり

あおむし

10/11  ひっかけ問題

2:49PM 今日まで暑いって言うから今日も夏の服装で来たのに、どう考えても28℃超えてるとは思えない。ああ、長パン履いてくりゃよかった。

ファンディーナが1番人気に推されることを密かに願っていたのに、やつがひっかけ問題だったってことにどうやらみんな気付いてしまったみたいで、今日の午後現在アエロリットが1番人気、続いてリスグラシューになってる。チクショー。

おわり

あおむし

10/12  見出し

2:14PM んで、今日は暑くなる、とか。んまあ、明日からは雨が降ったり止んだりの、涼しい(つか寒い)天気になりそうだけど。

昨日の夕方のスポーツ新聞の見出しには、でかでかとアエロリットの見出しが躍ってたけど、まだ週中の水曜日だったからな。レース当日まで、毎日違った馬名が見出しに踊るんだろうよ。そうね、木、金あたりにはファンディーナとか、間にちびっとラビットランとかレーヌミノルなんか挟んでみたりして、そんでもって週末にはリスグラシューで綺麗にまとめて来るんぢゃないかと思っていたりする。

おわり

あおむし

10/13  雨がしとしと

2:06PM 予報通り、今日は朝から雨がしとしと降ったり止んだりで、気温も急激に下がったな。そんな日に、3歳牝馬最後の1冠を競うレースの枠順が発表になったので、見てみることにしよう、そうしよう。

1枠1番アエロリット、1枠2番ラビットラン、2枠3番ブラックオニキス、2枠4番モズカッチャン、3枠5番ブラックスビーチ、3枠6番メイショウオワラ、4枠7番リスグラシュー、4枠8番カワキタエンカ、5枠9番ハローユニコーン、5枠10番タガノヴェローナ、6枠11番ミリッサ、6枠12番レーヌミノル、7枠13番リカビトス、7枠14番ディアドラ、7枠15番ヴゼットジョリー、8枠16番ファンディーナ、8枠17番ポールヴァンドル、8枠18番カリビアンゴールドのフルゲート18頭だ、うんがんぐ。

うーん...。まあ馬場状態とラップによるところが大きいけれど、外枠引いた差し馬には厳しいレースになりそうだね。

おわり

あおむし

10/14  2017年、秋華賞

2:30PM はい、はい。それでは、秋華賞の予想を。

軸はアエロリット。状態が万全で、道中なべて事も無くスムーズに運べれば、この馬が勝つんぢゃないの?逃げられなかったとしても、カワキタエンカの後ろに付けて、番手で周って来られるっしょ(って、位置取りはもう少し後ろから差してもいいし)。枠も理想的な枠引いたし、基本スペックも高くて、それを証明しても来た。余裕たっぷりの、馬に優しいゆったりローテだし、年上のお姉さんたちとも対戦して、経験も積んだ。アエロリット、勝つでしょう。

2着候補にはリスグラシューを推すよ。先週のスマートレイヤーみたいに上手いこと行くかどうかはわからんけど、武くん。それでも、力のある馬だし、距離伸びるのもプラス。馬場状態が雨でもっと渋れば、なおプラスだ。3着候補は、ディアドラ。んまあ、状態面がどうなのか、ちと気にはなるけど。結論として、アエロリット軸にリスグラシューとディアドラ、それと気が向いたらブラックオニキス、ミリッサなんかに流そうと思う。ここんとこ、あおむしの軸馬が飛んでるからイマイチ信用ならん、と疑い深くなっている御仁には、安定感のあるリスグラシューを軸にすることをオススメするよ。

おわり

あおむし

10/15  牛の名誉のために

4:58PM また朝から雨。

あおむしの助言に素直に従って、アエロリットの代わりにリスグラシューを軸にして、秋華賞を当てた人ももしかしたらいたのかな?自分でも、そうしとけばよかったわあ、と思ってるくらいだ。何せアエロリットは前走のクイーンS以来、12kg減で出て来たもんだからね。競馬の予想で何が難しいって、これが一番だと思うの。馬の状態が、レース直前までとか、下手するとレースの後の結果論になるまで、分からないってことなんだ。んまあ、状態を調教のメニューや、頻度から推測することは出来なくはないけれど、元になる調教の情報はあおむしが知る限り、週刊競馬ブックとか、グリーンチャンネルとか、その他有料のウェブサービスでしか手に入らないからね。当てにならない推測をするための情報に、銭を払う気にはとてもなれないんだ。

ところで、牛の野郎の名誉のために言っておくが、やつは秋華賞の3連複を当てたらしいぞ。

おわり

あおむし

10/16  心のノートにメモ

3:20PM 先週の金曜日に雨が降り出してから、今日でもう4日目だ。あと、どんだけ続くんだろう、こんな天気?いい加減、飽きたわ。気温がこんなに低くなかったら、頭からキノコ生えてるっつーの。

秋華賞でアエロリットを軸にしたのは、失敗だったなあ、認める。前走逃げ切って勝った馬の馬券は、例えどんなにレース間隔に余裕があっても買わないように、心のノートにメモしておくことにしよう、そうしよう。想像していた以上に、肉体的にも精神的にも、ダメージを残すようだからな。

おわり

あおむし

10/17  困ったこと

4:18PM やっと止んだわ、雨。

んでも、これもほんの一時的なものらしく、明日の夜には悲しいことに、またしとしと雨模様に放り込まれるみたいだからな。たった今、牛の野郎にも、明日が今週唯一の洗濯のチャンスだから、早起きして洗濯した方がいいと教えてやったとこだ。

困ったことは、洗濯ができないこともそうなんだけど、それよりむしろ、週末の馬場状態がどうなるかの方が、気がかりだったりする。先週みたいに重馬場だったら、どうなるのサ(3,000mもあるんだぞ)?

おわり

あおむし

10/18  憂鬱

2:30PM せっかく今朝は気持ちよく晴れたのに、天気予報で宣告された通り、長続きはしないみたいだ、この天気。

関東地方では、今夜からまた雨が降り始めるそうで、またしても秋の長雨に連れ戻されるわけなのねん。更に、南の海上から近づいてる台風によっては、気温が上がってベタベタになるとか、ならないとか。ゲッ。憂鬱。

おわり

あおむし

10/19  渋った馬場での脅威

4:07PM 3歳馬の3冠最後の1冠となるクラシック最終戦、菊花賞だけあって早々と枠順が発表になったので、見てみることにしよう。

1枠1番ブレスジャーニー、1枠2番ウインガナドル、2枠3番スティッフェリオ、2枠4番クリンチャー、3枠5番トリコロールブルー、3枠6番マイネルヴンシュ、4枠7番アダムバローズ、4枠8番サトノアーサー、5枠9番クリノヤマトノオー、5枠10番ベストアプローチ、6枠11番サトノクロニクル、6枠12番ミッキースワロー、7枠13番キセキ、7枠14番ポポカテペトル、7枠15番ダンビュライト、8枠16番アルアイン、8枠17番プラチナヴォイスと、8枠18番マイスタイルだ。

なんか、ステイゴールド産駒がみんな内枠にかたまった印象だな。おそらくなるであろう渋った馬場で、果たしてコイツらは脅威となるんだろうか?

おわり

あおむし

10/20  デムーロ人気

2:36PM 菊花賞の人気を見てみたら、皐月賞馬のアルアインを差し置いて、キセキが1番人気に支持されていることに気付いたので、誰だヨ、おまえ?と思いつつ、この馬のことをちびっとだけ調べて見た。

キセキはルーラーシップ産駒で、夏の間に500万下、1000万下と条件戦を勝ち上がり(いわゆる「夏の上がり馬」ってやつか)、続く菊花賞の前哨戦、神戸新聞杯はさすがにモタついて、レイデオロに2馬身半の差を付けられて2着、と。春の毎日杯では、皐月賞馬アルアインの3着に負けている。

パッと見る限り、取り立ててどうという程の戦歴ではないように見える。てなわけで、きっとこの1番人気は、デムーロ人気ってことね。

おわり

あおむし

10/21  不確定要素、多すぎ

3:05PM オリオン座流星群が、今夜ピークを迎えるそうなんだけれども、あいにく台風が接近中で見れそうにない。なんか、去年も気象条件が悪くて見れなかったような気が...。またかよ。

気を取り直して、菊花賞の当て推量、ぢゃなかった、予想に挑戦してみることにしよう。これは...難しいなあああ。あまりにも不確定要素が多すぎて。んまあ、多分キセキ軸だろうな。流す相手はブレスジャーニー、サトノアーサー、サトノクロニクルとアルアリンかな。ほんとゴメンナサイ、でも、台風でレース走るかどうかすらも分からないのに、自信のあることは何も言えんわ。

おわり

あおむし

10/22  クリンチャーかっ!!!

6:32PM あとちょっとで、13万6,350円当たるとこだったのに、指の間からこぼれて行った。

宣言どおり、キセキからブレスジャーニー、サトノアーサー、サトノクロニクルとアルアインに流した3連複を買ったんだけれども、長いとこでいいパフォーマンスを見せていたこともあって、実はこれにポポカテペトルを追加したのヨね。馬柱を見返している時、一瞬、クリンチャーの母父に入ったブライアンズタイムに可能性を感じた瞬間があった。何せ、ブラインズタイムの血は、3,000m超えの距離で爆発的な効果を生むことがあるから。天皇賞(春)を勝ったビッグゴールドや、菊花賞馬のスリーロールスがいい例だろう。

しかしながら、いやいや、直近2走の結果からして、ないわ、とクリンチャーを切ってしまったんだ。もし切ってなかったら、週末までには念願のロードレーサーのマイバイクに乗れてただろうに...クリンチャーかっ!!!

おわり

あおむし

デル株式会社