2018年8月
SunMonTueWedThuFriSat
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
ユーブック
んで、どこ行く、春休み?
旅達(たびだち)会員限定ツアー【海外】

8/01  過去4年間

3:42PM 小倉の適性が高いと言えば、トリオンフも小倉で1800mを勝っている。1800mをこなせるんだったら、2,000mも大丈夫だろうと思うよ。

つまり認識としては、小倉は小倉巧者が制す、だと思ってるのね。ただそこで問題なのは、トリオンフは多分、武クンが乗って1番人気になっちゃうんだろうけれども、過去4年間、このレースでは1番人気が3着以内に絡んでないってことなのよね…。

おわり

あおむし

8/02  調べて見た

2:56PM 他にも小倉の1800mから2000mで良績のある馬を調べて見た。

エーティーサンダー、ストロングタイタン、メドウラークとレイホーロマンスが、いずれも条件戦ながら1着もしくは2着に好走した経験がある。ということは、この馬たちは小倉というコースだからといって、それが理由でパフォーマンスを落とすってことはない、ってことになるな。得意条件なのだとしたら、むしろパフォーマンスを前走より上げるはずだ。

おわり

あおむし

8/03  痛い目にあった

5:13PM レパードSと小倉記念、両方の枠順が発表になった。金曜日だもんね。

人気上位3頭はそろって外枠を引いたみたいだ。トリオンフが8枠11番、サトノクロニクルが7枠10番で、サンマルティンが8枠12番。走る頭数が少ないから、この枠でも別に問題はないと思うけど。それに、少頭数だからって内枠を重く見たら、こないだ痛い目にあったからね。

おわり

あおむし

8/04  誰も興味ない

2:59PM このところ毎週ハズレてるから、もはや誰も興味ないかもしれないけど、一応予想しとく。

小倉記念の軸はサトノクロニクルにする。秋のG1に向けた叩きかもだけど、休み入ったし、天皇賞(春)よりはパフォーマンスを上げてくれるだろうから。相手はストロングタイタン、ストーンウェア、マウントゴールド、エーティーサンダーとトリオンフ。

新潟のレパードSの方は、もし天気予報通り雨が降ったら、イーダペガサスの単複に勝負をかけてみるのも、おもしろいかもしれない。

おわり

あおむし

8/05  こういう時に限って

こういう時に限って…3連複当たったのに、馬券、買ってないよ。

ノートパソコンが調子悪くてサ。結局、初期化してOS入れ直すことに。初期化後も様々な問題に見舞われ、昨日1日ずっとノートパソコンの世話に当たらなきゃならんかったわけよ。いつになるか分からないけど、いつか、マイクロソフト社がどんだけ自分とこの製品に対する責任を果たしてないか、コメントを発表する機会を持ちたいと思う。

おわり

あおむし

8/06  当たる時

3:15PM ずっとノートパソコンにつきっきりで、レース走るのも見てない。んだもんだから、さっき結果だけ確認しに行ってみたら、おい。4着のレイホーロマンス以外、1着から6着まで全部当たりのクリーンヒットやないかーい。はあ。当たる時って、こんなもんよね。

せめてもの慰めは、ノートパソコンがどうやら本来のパフォーマンスまで復帰したらしい、ということと、配当がさほど高額でなかったということくらいか。

おわり

あおむし

8/07  オジョウチョウサン、次のレース

3:37PM オジュウチョウサンの次のレースが決まったみたいだ。平地競走で500万下条件を勝ち上がった後のオジュウの目標が、暮れに行われる有馬記念であることがつい先日、陣営から発表になたよね。これに伴って、同じコース、同じ距離のレースで適性を確かめておこうと思ったようで、9月22日に中山、芝2500mという条件で行われる、1000万下条件の九十九里特別を選んだようだ。

オジュウは、平地では500万条件しか勝っていない(次走は格上挑戦になる)ため、レースに実際出れるかどうかは、またしても出走登録締め切りまで待たされることになるけどね。というのも、このレースはフルゲートが12頭なので、1000万条件の馬でその枠が埋まってしまえば、格下のオジュウは出走除外になる可能性があるからだ。けど、まあ、このレースがフルゲートになったのは、過去8年間で1度だけだったと言うから、おそらく出られるんぢゃなかろうか。

出走がかなえば、前回同様、注目を集めることになるのは間違いないし、もし勝つようなことになれば、暮れのグランプリに一層盛り上がりを添えるのは確実だ。もちろん乗り役は、武豊ですやん、言うまでもなく。

おわり

あおむし

8/08  休み前の駆け込み

7:21PM 仕事で忙しくて、関屋記念をチラ見するのが精いっぱいだった。

常々思ってたんだけど、新潟の芝1600mなんてくじ引きみたいなもんで、予想が当たる自信が1ミリもなかったりする。チラ見した過去数年の結果からぼんやり分ったことと言えば、先行した馬たちに多少利がありそうだってことくらいで、ほんの数分間のチラ見では、この程度の情報しか得られなかったわい。お盆休みに名を借りた、夏休み前の駆け込み仕事に追い回されてて、ね。

おわり

あおむし

8/09  役立つといいんだけど

2:57PM 今日はちびっと時間あったから、昨日よりちびっと詳しく過去のレース結果を見てみた。

なるほど、勝ち時計も速ければ上がりの3ハロンも速い、だからある程度の位置にいないと(最後方から直線一気では)届かないのね、という印象だ。あんまり後ろにいると、差し届かず脚余して負けるってわけね。同じ理由で、内枠の方が有利かもな。外枠でも先行力があれば問題ないだろうし、ペースが上がったらまた話は違ってくるけど。これが馬を選ぶのに役立つといいんだけどな。

おわり

あおむし

8/10  ぶつけ本番

4:21PM 関屋記念の枠順が発表になったね。上位人気3頭、プリモシーン、リライアブルエースとエイシンティンクルは、それぞれ7枠12番、4枠6番と3枠4番に入ったみたいだ。昨日書いたことを考慮すると、リライアブルエースみたいに後ろから行く馬にとっては、厳しいレースになるかもな。

また、桜花賞馬のラッキーライラックが、秋華賞のステップに予定していたローズSを回避することが決まったというニュースも入って来た。アーモンドアイも秋華賞はぶつけ本番で挑むらしいから、トップホース2頭は両方ともコンディションに疑問符が付くことになるね。

おわり

あおむし

8/11  優雅なバカンス

5:18PM 夏休み初日。夏休みだからって、別に優雅なバカンスを楽しめるわけぢゃないけど。パソコンのトラブルのせいで、いつもより(仕事)多目で回しております、だし。

それでも、自分のケツ叩いて予想したよ、関屋記念。軸はプリモシーンにした。好走できそうなのだから、1番人気に推されてるってことには、この際、目をつぶることにしよう、そうしよう。まあ、唯一の不安は、鞍上かな。相手は、フロンティア、エイシンティンクル、ショウナンアンセム、ロードクエストとチェッキーノで。

おわり

あおむし

8/12  ハラハラどきどき

9:20PM ロードクエストが今日は走らない日だったらしく、期待通りのパフォーマンスをしてくれなかった。代わりにワントゥワンが2着に。んまあ、軸はブレなかったってことで。

ストレスを発散するために、ジョッギングに出たよ。帰ってから、女子ソフトボール世界選手権の決勝を見てる。上野さんは、本当にすごいピッチャーだと常々思ってきたけど、やっぱスゴイなあと再再認識。マジか、延長8回の裏に1点追加して4−3!やばい、ハラハラどきどきや!

おわり

あおむし

8/13  謎だ

9:05PM ソフトボール代表は世界選手権で、残念ながらサヨナラ負けを喫して金メダルを逃してしまった。けど、それは上野さんがダブルヘッダーで240球以上投げた後にヒットを打たれたせいだけぢゃない。むしろ、孤軍奮闘する彼女の代わりを務められるピッチャーがいなかったせい、だと思ってるよ。

今週末には札幌記念が行われる。出走登録表には、クロコスミアだとか、ゴーフォザサミット、マカヒキやモズカッチャンらの名前が並んでいるけれども、目を引いたのはサングレーザーの名だった。これまでこの馬は1400mから1600mの短めの距離で高いパフォーマンスを発揮している。なのに、なぜ突然2,000mなんだ?主戦騎手と調教師が口をそろえて、1600mはもう短すぎる、てなことを言ってるらしいが、それが理由か?だとしたら、その発言に至った根拠は何だったのか?うーん、謎だ。

おわり

あおむし

8/14  ちょっと分からない

7:40PM 実は、サングレーザーは芝の2,000mの重賞に出走したことがある。けど、それは2歳のときの話で、勝ってもいない。それは2016年のホープフルSで、その時サングレーザーは5着に負けている。

もちろん、このレースの結果だけでこの馬の、中距離でのパフォーマンスを判断するのは早計ってもんだろう。ただ、突如として実績もない距離への延長という挑戦を、それもこのタイミングで敢行する理由が、分からんのよ。果たしてサングレーザー陣営が、中距離レンジでのG1タイトル獲得へと目標を切り替えたのか、それとも秋のマイルチャンピオンに向けて、ココは単なるステップにするつもりなのか、ちょっと分からない。んまあ、もう少し様子を見たほうがよさそうだね。

一方、佐賀のサマー・チャンピオン(G3)では、ヨシオがまた3着に入線したみたいだよ。いつもの定位置、だね。

おわり

あおむし

8/15  ようたく、分かったようだ

9:24PM 予想単勝オッズでは、今日の時点でマカヒキが3番人気になっている。そおか、ようやく世間も分かったようだな。ディープ産駒は割りと早熟で、年を取るごとにパフォーマンスが落ちて行くってことが。

ましたやマカヒキにとって、札幌記念は骨折休養明けの初戦だ。あのグラスワンダーでさえ、骨折明けの毎日王冠は3着以内に入れなかったんだゾ。グラスワンダーったら、この20年かそこらで、1、2を争うトップホースなんだかんな。それなのに、マカヒキにはできると?ついでに、ディープ産駒がデビューした後のこの7年間の間に、札幌記念で3着以内に入ったディープ産駒はたったの2頭、ハープスターとディサイファだけだ。もちろん、3歳馬だったハープスターが52kgと斤量が軽かったのは、言うまでも無い。

おわり

あおむし

8/16  印象的な世代

7:22PM 毎年、夏のこの時期が来ると、札幌記念のたびにセイウンスカイを思い出す。スピードがあって、タフな逃げ馬だったけど、故障の後は以前のようなパフォーマンスができなかった。札幌記念はトップハンデの59sを背負って圧勝したけど、逃げを打たずに差したのは、あの時が初めてだった。具体的に「何が」とは言えなかったけど、馬の様子が何かおかしいと、あの時直感的に思ったのよね。その後セイウンスカイが勝つことは2度となかった。故障しちゃったんだ。

馬券を買い始めたのは、セイウンスカイの世代がクラシックに出てたのとほぼ同時期からなんだけど、あの頃は本当にスゴイ馬がいたよ。スペシャルウィーク、グラスワンダー、エルコンドルパサー、キングヘイロー、それにもちろんセイウンスカイ。未だに記憶に残る、印象的な世代だったな。

おわり

あおむし

8/17  枠順までもが

8:57PM 金曜日になってしまい、札幌記念の枠順抽選をしている間に、短い夏休みもあっという間に終わろうとしている。

上位人気馬3頭、モズカッチャン、ミッキースワロー、マカヒキはぞれぞれ、8枠15番、7枠14番と3枠5番を引いたようだ。まるで、枠順のくじ引きにまで見放された感があるな、マカヒキ。ミッキースワローも、そうかも。モズカッチャンは、運を味方につけたみたいだ。馬混みで揉まれるのは嫌だろうから。

おわり

あおむし

デル株式会社